• HOME
  • ウィズコロナ時代のME-BYO ~神奈川から世界への発信~

ウィズコロナ時代のME-BYO ~神奈川から世界への発信~

2020/11/09 20:00

2020JCI世界会議横浜大会WEEK23日目の115日、パシフィコ横浜ノースにて、『ウィズコロナ時代のME-BYO~神奈川から世界への発信~』が開催された。
第1部では、神川県知事 黒岩祐治氏(以下黒岩知事)による基調講演、第2部は黒岩知事、滋賀県知事 三日月大造氏(以下三日月知事)、公益社団法人日本青年会議所関東地区神奈川ブロック協議会 副会長 大澤淳一氏(以下大澤氏)のトークセッションが行われた。

第1部では、『未病』と『Vibrant"INOCHI”』を大きなテーマに据え、その意味が力強く語られた。今、日本が迎えている高齢化社会を解決するキーワードは『未病』という考え方であると黒岩知事は説く。今までは『病気』か『健康』という二者択一しかなかったが、現実はその二者択一ではない。『健康』と『病気』の間はグラデーションで変化する。そのような状態を『未病』と定義し、『食』『運動』『社会参加』によってその問題解決にアプローチする。また、最先端医療・最先端技術の追求というアプローチ。この二つを融合して健康増進に努める、これをヘルスケア・ニューフロンティアという政策として打ち出し、多くの民間企業を巻き込み産業創出にもつなげていく未来を描く。

もう1つの重要なテーマとして『Vibrant"INOCHI”』というスローガンを掲げ、生き生きとした生活で長生きすることが大切であるというメッセージを送った。


text by masasaurus