• HOME
  • 町民1人1人の「祈り」を鶴にのせて 大きな一つの「祈り」へ『万羽鶴プロジェクト』

町民1人1人の「祈り」を鶴にのせて 大きな一つの「祈り」へ『万羽鶴プロジェクト』

2020/09/09 09:00



本年度JCI寒川理事長の佐藤正憲氏(以下佐藤氏)に『万羽鶴プロジェクト』を通してメンバーにどのような変化があったのか伺った。
今年度【オール寒川】というスローガンを掲げて運動を展開していくはずでした。しかしながら新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、人と人が距離を取らなくてはならない社会となってしまいました。町内でおこなわれるはずだった全ての事業が中止となる中、我々は折鶴を通じて地域社会に小さな繋がりを生む事ができました。この点はメンバーにとっても誇れることで、メンバー同士の繋がりとモチベーションを上げる結果になったと感じております」と語る。
更に佐藤氏は続ける
「『万羽鶴プロジェクト』は年末までの通年事業と捉えております。展示等も踏まえると来年以降も継続される事業となる可能性が高いです。メンバーがコロナ禍に置かれている状況でも、1人1人がJCの意義を考え行動する機会を積極的に作り、その事が地域へのインパクトを生みだし、よりよい社会・未来に向けた【新たなJC様式】に繋がればと願っております」と語った。
寒川町内の高校生から

最後に全国で共に戦う仲間(JCメンバー)たちに向けて
「新型コロナウイルスが我々の生活を一変させてしまいました。この渦中の今だからこそ、JCをやっている意味があると私は思います。『時代に合わせた組織を作る』という事を私は言い続けてきました。社会が変わったように、今こそJCという組織を変える機会がきているのです。そしてそれはJCだからこそ経験できることなのです。JCの運動は人を呼んで例会を行ったり、みんなで集まって会議をしたりするだけではありません。考える事、行動する事、そして世の中により良いインパクトを与える事、それこそがJC運動の根幹だと思っています。この難局を今こそ1つになって乗り切りましょう。乗り越えた先には必ず待っているものがある!私はそう信じています」と力強く語った。

新型コロナウイルスの感染拡大によりかつてない逆境に立たされたJCI寒川のメンバーだったが、本年度のスローガン『オール寒川』を胸に『万羽鶴プロジェクト』を通じ寒川町の1人1人の大きな一つの祈りを鶴にのせて今後も大きく羽ばたくだろう。


一般社団法人 寒川青年会議所
2020年度スローガン
『オール寒川』
URL:https://www.jci-samukawa.com/

Text by ゆーや