• HOME
  • エネルギーへの意識改革を!省エネ化とは?

エネルギーへの意識改革を!省エネ化とは?

2020/07/29 20:00

『省エネ』とは、省エネルギーを短くした言葉で毎日の生活の中で使っているエネルギーを無駄なく、上手に使うことをいう。ここでいうエネルギーとは、電気やガス、ガソリンといった、普段使っているものと、それらを作るために必要な石油や石炭、天然ガスなどの資源のことをさす。
省エネは、限りある資源を大切にして、エネルギーを上手に使うだけでなく、地球を守ることにもつながる。電気やガス、ガソリンを燃やすと、二酸化炭素などの温室効果ガスが発生し、それにより地球全体があたたかくなることで地球温暖化が進み、人間や動物、植物がこれまで通りに生きていけなくなってしまう。今後、省エネは私たちの生活に欠かせない取り組みになる。

愛知県名古屋市に本社、東京と沖縄に支社を構える株式会社アド・ジャパン。照明・空調機器、家具・家電の卸し販売と工事を行っており、店舗、オフィスから公共施設に工事と納品実績を持つ。建物の省エネ化やコスト削減を総合的にサポートしている同社の黒田光氏(沖縄支社 所長)に省エネ化について話を伺った。


弊社は事業の一環として、SDGs目標No.7“エネルギーをみんなにそしてクリーンに”の取り組みを実施しております。具体的には、LED照明や空調等、電材機器の卸販売やエンドユーザー様への省エネ提案などです。
照明・空調機器は建物の中の2~4割程のエネルギーを消費していて、それらをより効率の良い製品に置換える事により、エネルギー効率改善やコストの削減を実現しています。

近年LED照明や高効率空調はかなり一般にも浸透し、新設のビル等でも標準的に見られるようになりましたが、
地方や築年数の経つ建物には電球や蛍光灯、効率の悪い古い空調がまだまだ使用されています。
無駄に消費エネルギーと電気代を出し続ける『もったいない』状況の打破、地方でもエネルギー効率改善に関心があるのを積極的にアピールしていきたい、そんな思いを胸に日々営業活動に励んでおります。

エネルギー効率の改善イコール電気代の削減に直結するため、担当したお客様からはお喜びの声を頂くことが多いです。実際の提案の際も製品導入後のシミュレーション等で、どれだけの消費エネルギーの削減、コスト削減ができるかを「見える化」します。
具体的な数字を掲示することで、エネルギーという複雑なジャンルにより理解が深まると考えています。


text by キャサリン