• HOME
  • 教えてミライフくん~高齢出産・女性編~

教えてミライフくん~高齢出産・女性編~

2020/07/20 20:00

『結婚・出産・子育てにポジティブな価値観を生み出す』無料LINEチャットボットサービス「ミライフくん」。

「自分はもう子供が高校生や大学生で、子育てもほぼ終わってるし関係ないや」という方も、そのお子様や周りの方におすすめください!
若い人が後悔しない人生を送れるように、早い時期から結婚・出産・子育てについて考えてもらいたい、という思いから産まれたのがこの「ミライフくん」です。
下記リンクより「ミライフくん」を友達登録していただき、周りの方にぜひ広めてください。
(リンクはLINEアプリに移動します)
https://line.me/R/ti/p/%40578buoqp
子供を産み育てることを幸せと感じることができる社会を、みなさんと作っていきたいです!

【高齢妊娠・出産のリスクと技術の進歩】
生設計の多様化や女性の社会進出、晩婚化や医療の発達などによって増えつつあるおおむね35歳以上の妊娠、高齢妊娠。リスクが高いといわれていますが、現状はどうなっているのでしょうか。
高齢妊娠、出産と深く関わり合うケースが多い不妊治療。富坂先生によると、「現在は6組に1組のカップルが不妊の時代」だといいます。
不妊症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間避妊することなく性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合をさし、最近ではその一定期間は1年というのが一般的です。
高齢妊娠・出産では、赤ちゃんの染色体異常のリスクが高くなり、流産率も高まります。また、妊娠中には、糖尿病や高血圧になるリスクが上がりますし、お産の時には、子宮の入り口の伸展が不足してしまいがちだったり、陣痛が弱かったり、お産までの時間が長引きやすく、妊婦さんも疲労しやすいので、帝王切開となるケースも増加します。
一方で、不妊治療技術の進歩によって、高齢妊娠・出産が増えているという現実も。 「不妊治療の現場では、技術が日に日に進歩しています。以前よりも安全に治療を受けることができるようになりました。  平成10年代から20年代でみると、およそ10年間で、35歳以上の女性の出産の割合は倍増しています。不妊治療を受ける患者さんの平均年齢も年々上がってきており、体外受精を受ける女性の少なくとも3人に1人は40歳以上です。

【高齢出産が生まれてくる子どもに与える影響とは?】
高齢出産と聞くと、何となく危ないような、何となく避けなければならないような気がします。実際に高齢での出産のリスクは多く、そもそも妊娠するまでの時間もかかる等、様々な事があります。それらを乗り越えて出産まで辿り着き一安心。と言いたい所ですが、出産に際して、胎児にはある一定の確率で染色体異常が起こります。
様々な染色体異常がありますが、例を上げるならば、皆さんでもご存じ21トリソミー(トゥウェンティーワントリソミー)。わかりやすく言うと、いわゆるダウン症。じつはダウン症はどの年代でも産まれてくるのですが、その確率に大きな差がでます。20代では、1,667人に1人。これが30代になると952人に1人。40代では106人に1人。さらに45歳では30人に1人の確率で産まれてきます。特に原因がある訳でなく高齢と言う理由だけで、確率が上昇するのです。こんなマイナスな情報ばかりだと不安になってしまいますが、じつは事前に検査する方法があるのです。最近では、母体の血液で検査ができる方法、さらに確定的な診断として、羊水検査などもあります。
産まれてくる前にいろいろな事が分かってしまうのも、何だか怖い感じがしますが、逆に知る術があると言う事が高齢出産の後押しになるのではないでしょうか。

参考
https://city.living.jp/common/ninkatsu/745347

text by ミライフくん