• HOME
  • JCI日本 各国会頭とWEB対談  ~韓国編~

JCI日本 各国会頭とWEB対談  ~韓国編~

2020/08/05 20:00

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起こっている中、国際青年会議所(以下JCI)としてどのような取り組みをしていくべきなのか。
公益社団法人 日本青年会議所 国際グループでは、民間外交と国際協力による国際社会との連携を目的に活動をしている。
この状況下で各国に渡航が出来ないため、情報交換をして相互理解、友好関係の構築を図ることに。
JCI日本の会頭 石田全史氏と各国JCIの会頭らが緊急WEBミーティングを開催。各国の取り組みをレポートする。

韓国では2月下旬から3月上旬にかけて一時、感染爆発の状況に陥ったが、その後、感染者数の増加を抑え込み、落ち着かせることが出来た。韓国では、2015年のMERS流行を受けて、感染者のプライバシーを制限した形で、接触者の追跡を行うことができる制度がすでに整っていた。また、迅速かつ大量のPCR検査も感染拡大防止対策としてあげられる。しかし、5月にクラブにおいてクラスターが発生し、新たな広がりを見せ、6月は各地でさまざまなクラスターが発生した。
現在韓国では、感染者数13,938名、死亡者数297名、回復者数12,758名となっている。(2020年7月24日時点)


JCI韓国会頭 リー・ジュンヒョク氏に伺った。


ー石田会頭:韓国でのCOVID-19の状況はどうですか?

ーリー会頭:6月26日現在、12,602名の感染者がいます。死亡者は282名、隔離されている方は1,148名、5月に入ってから約10%の患者が増加しています。首都圏を中心にして、宗教施設、老人ホーム、社会福祉施設など、流動人口の多い大きな施設で感染者が広がっています。それにより韓国政府は、再度強化措置として不必要な集まりの中止をさせています。韓国では最近アプリが広がっており、食堂やレストランなどに行くときは、名前や電話番号を書いて入場させています。また先週から学校が始まり、始業式も行われました。JCI韓国の会員には10の守るべき規則を用意して、LINEを通じて伝えています。

ー石田会頭:韓国が行っている取り組みについて教えてください。

ーリー会頭:まずJCI韓国が6月までに行っている活動、そして今後行う活動を中心に説明してまいります。3月にJCI韓国ではコロナの危機を乗り越えるための募金活動をしました。韓国のデグの宗教施設において集団感染が起き、とても大変な状況でしたので、そのデグという地区を支援するための募金活動をしました。医者や看護師は病院外には出られないので、食事や飲み物、海苔、ラーメンなどを支援しました。この募金活動には、JCIの役員たちも参加しました。2019年テレサ・クォン、キム・ウォンジュなどいろいろな方より募金を送っていただき、そのお金で、コロナ患者が多く発生した地域にお水やラーメン、ハンドジェルなど100万円分寄贈しました。
次に4月に行われたクリーンデイという活動を紹介します。これは、全国330ある各LOMが同時に、多くの人が利用する施設に防疫活動をしました。消毒液を撒いたり、ハンドジェルを配ったり、市場などで防疫活動をしました。募金活動とクリーンデイはJCI韓国が6月までに行った主な活動です。
韓国はマスクが非常に足りず、困難な経験をしました。4月末~5月初旬にJCIが先頭に立って、自分たちで余っているマスクを自分の周りの人に配り、また国民皆さんもこの運動に参加してもらい、皆でマスクをしましょうといった活動をしました。募金活動をして、JCIとテレサクォンで300万円を超える募金が集まり、そのお金で学生たちにお弁当を買う活動をしていきたいと思っています。

ー石田会頭:景気回復のために出来ることについて教えてください。

ーリー会頭:JCI韓国が今後どのような事業を行っていくのかを説明させていただきます。現在、先ほど説明させていただきましたクリーンデイと募金活動を行っています。最近はメンバーの事業がとても厳しい状況におかれています。今は2つの事業を考えています。1つ目は“LOMの危機脱出No.1”という事業です。各LOMで、このコロナの危機を乗り越える事業を提案してもらい、JCI韓国が審査し、選ばれた事業に対して、JCI韓国がサポートをすると共に支援金を出す計画です。全国のLOMには積極的にアピールをしています。2つ目はステッカーを作って、飲食業や観光産業に携わる事業に対して配布しする事業です。対象は現役メンバーをはじめ、シニアの方々も積極的に利用できるようにしています。また、JCI韓国では献血の日を作ることとともに、目標人数を1万人に定めて、献血運動を計画しています。

ー石田会頭:コロナ収束後、アジア各国と実施したい事業なあどはありますか?

ーリー会頭:コロナの時期に、うまく乗り切れるために、JCI韓国とJCI日本で一緒に力を合わせていけるように意見交換を今後も頻繁にしていけたらいいと思っています。よろしくお願いします。韓国は昨年、JCI日本のお誘いがありまして、JCカップ(サッカー大会)が開催されたじゃないですか。私たちも1回目のサッカー大会を企画しておりまして、現在韓国は、中央圏以外の地域が行っているので、コロナの様子を見ながら開催をしたいし、昨年同様、日本と交流をしたいと思っています。

最後に・・・
「この会議は非常に有意義な時間であったし、友情を深める大切な時間だったと思います。コロナが早く終わって韓国と日本のどちらでもいいので、実際お会いしたいと思います。この会議では色々な経験がありました。ありがとうございます!」とリー会頭。
世界各国に存在するJCIのネットワークで一緒に乗り越えましょう!Work Together!!


【韓国】
正式国名:大韓民国
面  積:10万㎢(日本の約4分の1)
人  口:5,127万人(2016年)
首  都:ソウル
主要言語:韓国語
宗  教:仏教、プロテスタント、カトリック等

取材協力:公益社団法人 日本青年会議所 国際グループ アジアアライアンス構築委員会

text by キャサリン