• HOME
  • 教えてミライフくん~高齢出産・男性編~

教えてミライフくん~高齢出産・男性編~

2020/07/17 20:00

『結婚・出産・子育てにポジティブな価値観を生み出す』無料LINEチャットボットサービス「ミライフくん」。

「自分はもう子供が高校生や大学生で、子育てもほぼ終わってるし関係ないや」という方も、そのお子様や周りの方におすすめください!
若い人が後悔しない人生を送れるように、早い時期から結婚・出産・子育てについて考えてもらいたい、という思いから産まれたのがこの「ミライフくん」です。
下記リンクより「ミライフくん」を友達登録していただき、周りの方にぜひ広めてください。
(リンクはLINEアプリに移動します)
https://line.me/R/ti/p/%40578buoqp
子供を産み育てることを幸せと感じることができる社会を、みなさんと作っていきたいです!

【高齢出産は男性にも関係がある】
高齢出産と聞くと女性のことばかり取り沙汰されることが多いですが、実は男性も関係あるのをご存知でしょうか。
最近では芸能人やハリウッドスターが高齢でパパになったというニュースなどを見聞きすることがあり、男性は年齢に関係なく生殖能力が維持できるという錯覚に陥っているかもしれません。
実際には男性も年齢に伴い生殖能力が落ちることを知っておくことはとても大切であると思います。
妊娠・出産に関しては男性はあまりそのようなことを知らない人がたくさんいるのではないかと思います。

参考
https://city.living.jp/common/ninkatsu/748631
https://city.living.jp/common/ninkatsu/777213

【妊娠までにかかる時間が長くなる】
妊娠するにあたっては男性、女性問わずに年齢は若い方が妊娠し易い事は想像しやすいと思います。では実際妊娠するまでにどれぐらいの期間を要するのでしょうか?
女性に着目したデータは良く見受けられますが、今回は男性に着目してみたいと思います。
いざ子供をつくろうとしてから、妊娠するまでの時間を見てみると、男性が20代では約半年ぐらい。30~40代前半では約10カ月。さらに40代後半だと約1年半、50歳以上だと約2年半かかるというデータがあります。女性ほど顕著な差がある訳ではありませんが、男性の年齢が高くなるにつれ、女性の妊娠に至るまでの期間が長くなるのです。
もちろん性交回数、女性の出産歴、飲酒、喫煙によっても変動しますが、男性の年齢によって妊娠までの期間が変わると言う事に間違いはありません。高齢な女性、高齢な男性の出産や子育てはメディアに取り上げられる事も少なくありません。そのおかげか、男性の生殖能力は無限にあると思い込み年齢による問題に気付かないうちに目を背けているかもしれませんね。むしろ目を向ける人は少ないのではないでしょうか?

参考
https://city.living.jp/common/ninkatsu/748631

【〇〇の率が高くなる】

研究結果によると男性の年齢が高くなるにつれ、パートナーの女性が妊娠した場合の流産率が、少しですが高くなると言われています。
女性が高齢の場合に流産する影響よりはずっと少ないとはいえ、男性の年齢が影響することは事実であるということです。
ではどれほどの影響があるのでしょうか。
男性の年齢が50歳の場合では20歳の時に比べて妊娠された相手の女性の流産率が2倍にもなるという研究結果があります。
例えば25歳~29歳の男性と比べ40歳以上になると先天異常率が明らかに高くなってしまうというデータがあります。因みに25歳より若いとどうなるか。25歳以下になると実はこれも25歳~29歳の男性と比べると先天異常率が高くなる傾向があるということです。これは若すぎると、まだ生殖能力が成熟域に達していないことが原因だと言われています。
では女性の場合はどうなのでしょうか。
20歳と40歳で比較すると、先天異常のリスクが約10倍以上にもなると言われております。そうすると確率的には女性の年齢が与える影響ほどではありませんが、でも、男性の年齢が影響するということには変わりありません。男性自身は妊娠・出産をすることはできませんが、女性ばかりでなく、男性も高齢になることで、妊娠・出生児への影響を及ぼすという事実を知っていただき、考慮することはとても大切なことだと思います。

参考
https://city.living.jp/common/ninkatsu/777213

【精子も年を取る】
女性の加齢による妊娠のしにくさはみなさんご存じかと思いますが、実は男性の年齢に伴い、精子も年を取るのです。ざっくり言うと精子の質が低下していくのです。
精子の元(精原細胞)は母親の胎内にいる頃に20回ほど分裂し、その後はしばらくそのままなのですが、思春期ごろから分裂を始めて40歳に至る頃には741回も分裂するのです!想像できませんよね。ちなみにその他の臓器はその10倍分裂する事がざらですから、一つの臓器としては少ないほうなのです。この分裂回数、卵子に比べるととても多い分裂回数となります。分裂すれば分裂するほど新しい精子になり都合が良い感じがしますが、実はこの多い分裂回数が問題なのです。
この分裂の中で年に2回ほど間違えたデータで分裂してしまうのです。ざっと計算すると、40歳になるまでにあくまで平均の数値ですが、48回の間違いが起こります。年齢を経れば経るほどに間違いの回数は増えていく訳です。事実、高齢の男性の子供の場合、その精子の影響により自閉症、鬱、等の精神疾患が増加することがわかっています。女性の年齢が若ければという考え方は無くさなければだめですね!

参考
https://city.living.jp/common/ninkatsu/793260


より多くの人々が理想のライフデザインについて考えていただくことができるようサポートしていくサイト『ミライフ』はこちら↓
https://www.me-lifebot.com/

まだ《ミライフくん》を友達登録されていない方は下記QRコード(LINE)より友達登録をお願いします。

公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議

text by ミライフくん