• HOME
  • 教えてミライフくん~ストレスは〇〇を乱す可能性がある?~

教えてミライフくん~ストレスは〇〇を乱す可能性がある?~

2020/07/13 20:00

『結婚・出産・子育てにポジティブな価値観を生み出す』無料LINEチャットボットサービス「ミライフくん」。

「自分はもう子供が高校生や大学生で、子育てもほぼ終わってるし関係ないや」という方も、そのお子様や周りの方におすすめください!
若い人が後悔しない人生を送れるように、早い時期から結婚・出産・子育てについて考えてもらいたい、という思いから産まれたのがこの「ミライフくん」です。
下記リンクより「ミライフくん」を友達登録していただき、周りの方にぜひ広めてください。
(リンクはLINEアプリに移動します)
https://line.me/R/ti/p/%40578buoqp
子供を産み育てることを幸せと感じることができる社会を、みなさんと作っていきたいです!

【ストレスは月経を乱す可能性がある!?】
卵胞の発育を刺激するのが、頭部にある下垂体の細胞で作られ分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)です。この2つのホルモンの生産には、下垂体上部にある脳の視床下部という部分が関わっています。視床下部では、体を循環している女性ホルモン(エスロトゲン)の状態を感知し、卵胞発育を進めるか、遅らせるか、の調節を判断しています。

脳にはこれ以外にも多くの役目があり、例えば感覚、思考、行動、体の他の器官の働きなども調節しています。脳がこれらの調節を行っているときには、いろいろなストレスを受ける可能性があります。そしてこれらのストレスが視床下部のキスぺプチンホルモンの調節を阻害する可能性もあります。このようにして、ストレスが脳の機能の一つである卵胞の発育を妨げることが起こるわけです。

簡単に言えば、ストレスがあると月経が乱れることがあるので、ストレスを減らすことで月経を規則正しく回復することができる、ということです。
皆さんの職場や家庭にも、いろいろなストレスがあると思います。ストレスはないに越したことはありませんが、ストレスを感じたときは、何らかの解消法も大切になります。
精神的にも、肉体的にも健康(=ストレスフリー)であることは、生殖機能にはとても大切なのです。
私の経験上、適度な運動で汗を流す事が、身体を温め、思考をクリアに出来ましたよ♪

参考
https://city.living.jp/common/ninkatsu/1013218

【生理不順の改善のヒントは基礎体温表と生活習慣!?】
月経は10代前半に初経を迎え、その後徐々に規則的に起こるようになってきます。
20代では、月経周期は規則的になっている方が多いと思います。20代になっていて月経が不規則だとすると、何らかの病気などが隠れている場合もあるので、専門医の受診をおすすめします。

自分でできることは、まず基礎体温表をつけて、月経が不規則でも体温が高いところと低いところ(高温相・低温相)があるかどうかを確かめておくことです。高温相・低温相の変化があれば、たとえ月経が不規則な周期だとしても、時々排卵はしていることが確認できます。月経があったとしても高温相・低温相がないこともあり、その場合は排卵が起こっていないことが疑われます。
また、生活習慣を見直してみることが大切です。
無理なダイエットや過度な運動なども月経周期に影響します。体重は、増えすぎても痩せすぎても、月経に影響があるので気をつけましょう。特に痩せすぎると月経が止まり、無月経になることがよくあります。体の脂肪は脳の月経をつかさどる器官に刺激を与えているので、脂肪が少なくなると月経に影響するのです。体重が増加すると月経が回復することもあるので、過度な減量をした結果、無月経になった場合には、体重を以前の体重に戻してみるのもよいと思います。
過度な運動ではなく、ヨガなどで身体をほぐし、血液の流れを良くする事でストレスが軽減します。
身体が引き締まり、生理不順が改善する事もありますよ♪後は、首、手首、足首などは冷やさず、身体を温めて下さいね♪

参考



より多くの人々が理想のライフデザインについて考えていただくことができるようサポートしていくサイト『ミライフ』はこちら↓
まだ《ミライフくん》を友達登録されていない方は下記QRコード(LINE)より友達登録をお願いします。

公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議

tex by ミライフくん