• HOME
  • 【LIVE DISCUSSION】~誰もが輝く組織とは?~

【LIVE DISCUSSION】~誰もが輝く組織とは?~

2020/07/10 14:00

『組織改革』という言葉を耳にする機会が増えているが、青年会議所(以下JC)においても例外ではない。多くの会員会議所では会員減少、在籍年数低下に伴い、メンバーに掛かる過度な負荷が課題となっており、旧態依然の組織モデルからの脱却を目指すべきであると考える。だが、そのような議論をする場が少ないのが現状だ。

公益社団法人 日本青年会議所 東海地区 愛知ブロック協議会「誰もが輝く組織改革委員会」の平野伸弥委員長は、“誰もが輝くことが出来る、誰もが活躍することが出来る”青年会議所の新たな組織モデルを提案し、組織改革の第一歩を踏み出していくことを目的に、議論の場を提供するため、オンライン配信で自由に参加できる【LIVE DISCUSSION】を開催。青年会議所に所属している人はもちろん、青年会議所の入会を考えている人、他団体の活動を知りたい人に向けて、様々なテーマで実施している。

(誰もが輝く組織改革委員会 委員長の平野伸弥氏がファシリテーターを務める)


第1回  LIVE DISUSSION(2020.4.25)
テーマ:JCを考える

本来は“懇親会“をテーマ(そもそも懇親会がいるのか等)にする予定であった。しかし、新型コロナウイルスの影響により、JCを続けていくことすら難しい状況のメンバーもいた。だからこそ、“JCを考える”をテーマに組織改革について話し合った。



第2回 LIVE DISCUSSION(2020.5.12)
テーマ:私がJCを出来なかった理由

近年、会員減少が問題となっているが、新入会員が少ない以外にも様々な要因がある。その1つである活動途中での休会、退会。少しでも会員減少に歯止めが効かせられるヒントを得るため、休会経験者、退会者から話を聞いた。

第3回 LIVE DISCUSSION(2020.6.9)
テーマ:女性会員に聞く青年会議所

組織改革に欠かせない“女性活躍”について、愛知県内の女性メンバーをゲストに迎え、JC活動をする上での組織の改善点、JCをやっていて良かった点など、様々な意見を聞き、組織改革の一助となることに期待。
視聴URL:https://www.facebook.com/tokai.aichi/videos/700911664067308/

第4回 LIVE DISCUSSION(2020.6.25)
テーマ:理事長に聞いてみた

第1~3回に用いたテーマから様々な意見が出てきたところで、愛知県内の3名の理事長を迎え、理事長からの視点でJCの組織運営の現状、今後どのように運営していくべきなのかを討論。
視聴URL:https://www.facebook.com/tokai.aichi/videos/4030070147066070/

4回のLIVE DISCUSSIONを終えて・・・
「まだまだ多くのメンバーを巻き込めている感覚がないです。もっと多くのメンバーの方に組織の在り方を考えてもらう機会にしたいです。ちょっと固い雰囲気があるから、このままいくと新鮮さが無くなって飽きられてしまうので、もっと参加したくなるような仕掛けをつくっていかないといけないですね。」と平野委員長。
年初からダイバーシティ推進プログラムを考えていたが、新型コロナウイルス感染拡大により、予定していた事業がやむを得ず中止となり、今後の活動を模索していたときにLIVE DISCUSSIONの実施を決めた。青年会議所は経営者だけでなく、サラリーマンでも主婦でもやれるような広く開かれた組織として変わっていきたいという気持ちをもち続け、今後も様々な声を届けていく。

次回予定
第5回7月15日(水)
第6回7月30日(木)
第7回8月11日(火)
第8回8月28日(金)

【青年会議所とは】

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会することができる。20歳から40歳までという年齢制限を設けている。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからである。 会員は40歳を超えると現役を退かなくてはならない。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっている。 各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られる。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができる。 青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献している。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中。


公益社団法人 日本青年会議所 東海地区 愛知ブロック協議会
2020年度スローガン
『33の進華 心豊かに誰もが輝く持続可能な愛知の創造』
URL:http://www.jaycee.or.jp/2020/tokai/aichi/

text by yuji