• HOME
  • JCI前橋プレゼンツ『チャイムだョ!!~起立・注目、礼~』

JCI前橋プレゼンツ『チャイムだョ!!~起立・注目、礼~』

2020/06/13 12:00

2020年5月8日から、群馬県前橋市内の休校中の小学生たちに向けてラジオ番組が始まった。
ラジオ番組を企画した公益社団法人 前橋青年会議所の理事長 小林久峻氏(以下小林理事長)に話を伺った。
「市議会議員の一人が市内の保護者を対象に、休校について実施したアンケートで“学校に行けず普段の生活リズムが崩れている”という声が寄せられたことがきっかけです。ラジオ局まえばしCITYエフエムと協力し、ラジオ番組を企画しました。」

◆公益社団法人前橋青年会議所プレゼンツ 
 ラジオ番組 「チャイムだョ!!〜起立、注目、礼〜」

前橋市内の小学生向けに、学校のチャイム音と校長先生のお話と学校の校歌の伴奏が聴けるラジオ番組。休校期間も長くなり、学校生活から離れた子供達にチャイムという学校独特の音を通じて学校本来の生活リズムと、聞いている他の児童とも同時刻につながっている感覚を感じてもらう。
放送は5月8日〜29日、平日の午前8時40分、午後0時20分、4時10分の1日3回で、時間は約3分。冒頭でチャイムを流し、各学校の校歌をBGMに、校長が児童へのメッセージや自身の休校中の過ごし方を語る。 全48回放送。
放送終了後はJCI前橋のYouTubeチャンネルにて聴くこともできる。

<聞き方> ラジオ局:M・WAVE(まえばしCITYエフエム)
・ラジオ受信機から 
周波数:84.5MHz 受信エリア:群馬県前橋市と周辺地域
・パソコンから
http://listenradio.jp 全国のラジオ局 → 関東 → まえばしCITYエフエム
・スマホから
Listen Radio(リスラジ)無料アプリをダウンロードして下さい。
for iPhone→ https://apps.apple.com/jp/app/id1460129712
for Android→https://play.google.com/store/apps/details…

放送は5月8日から29日までの平日16日間、1日3回放送、全48回。市内全校48校分を流すには、ゴールデンウィーク明けにすぐ始めないといけなかったため、教育委員会から各学校にメールを一斉配信。同時に企画の趣旨を説明するために一校一校、委員会メンバーで分担して電話を掛けた。番組に使用されたチャイムの音は実際学校に伺って録音するというこだわり。
子どもがいるメンバーはもちろん、“自身の出身校の校歌が流れ、校長先生の話を大人になって聴く機会がないため心に染みた”など様々な意見が寄せられた。地元メディアに取り上げてもらったこともあり、ホームページのアクセス数やFacebookの閲覧数も増えて、地域に対して一定の存在を示すことが出来たと感じている。
@朝日ぐんま

「誰一人として予想していなかった事態が今起きていますが、改めて青年会議所メンバーとしての良さを実感できました。1人では出来ないことも、青年会議所ならば出来る可能性が増えます。声を出し、一人でも多くの方を巻き込んでいきたいです。」と小林理事長。
3月以降の例会・事業は全て中止とし、コロナの状況下でも出来る事やるべき事を行うように方針転換をした。この方針に基づき新たにプロジェクトを立ち上げ、メンバーや地域に対して出来る運動を検討し、メンバーの情報共有や資質向上、また地域の子どもたちに向けた事業もスピーディーに行うことが出来ている。会議の開催方法も対面式からWEB会議へ変更し、理事会や委員会等の様々な会議をWEBで実施。
今年で70周年を迎えるJCI前橋。今後も長年の経験を活かして、地域の輝く未来のために変革を起こしてくれるはず。


公益社団法人 前橋青年会議所
2020年度スローガン
『Change for Dreams〜輝かしい未来のために変革を起こし、夢を育もう〜』
URL:https://maebashi-jc.com
今年創立70周年を迎える。

text by としなり