• HOME
  • 【富山県滑川市】JCI滑川 医療従事者へ「これからもありがとう」

【富山県滑川市】JCI滑川 医療従事者へ「これからもありがとう」

2020/06/08 22:00

公益社団法人日本青年会議所(以下:JCI日本)は、第一線で働かれる医療従事者の皆さまに対する感謝と敬意、そして今後の新型コロナウイルス感染拡大に歯止めをかける決意を示すべく、「これからもありがとう~Light It Blue~」を行っている。日本全国692の青年会議所と手を取り合い、日本各地で夜空をブルーに照らす。現在、緊急事態宣言が解除されてはいるが、医療従事者の皆さまは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為に日夜働き続けている状況。JCI日本も4月から行ってきたこのプロジェクトだが、第2波が懸念されている中、6月第1週に感謝と決意を示すことに意味を持たせている。

【黒部市、魚津市に続きエールを送る】
2020年6月5日、一般社団法人 滑川青年会議所(以下JCI滑川)の事務局がブルーにライトアップされた。
JCI滑川の理事長 吉森真人氏(以下吉森理事長)は、JCI日本の「これからもありがとう~Light It Blue~」に賛同し、6月5日限定で、事務局をライトアップ。
「私の兄弟や友達にも医療従事者がおり、今もなお自分たちの家族や周りに迷惑を掛けられないと1人ホテルに暮らし病院勤務をしています。最前線で闘っておられる皆様に本当に感謝するとともに自分ができる事(自粛、寄付、呼び掛けなど)を小さな事でも展開していきたいと思い、事務局を青色に照らしました。」と吉森理事長。
実施については直前に決定したこともあり、数名のメンバーで対応。ライトアップ前に地元の新聞社に取り上げてもらい、実施模様をFacebookやLINEでアップしたことで、会社や家をブルーライトで照らすメンバーもおり、“今できることをしたい”、“医療従事者へ感謝の想いを伝えたい”という気持ちになっていることが分かった。今後はこれまでにやっていた事業について、感染予防を徹底し、これまでとは違う形で地域にアピールしていきたいというJCI滑川。

富山県東部エリアには昔から交流が盛んな3つの青年会議所が存在する。6月1日には公益社団法人 黒部青年会議所、6月3日には公益社団法人 新川青年会議所、6月5日には一般社団法人 滑川青年会議所がリレー形式で“Light It Blue”運動に参加。



【点灯場所】
一般社団法人 滑川青年会議所 事務局
富山県滑川市下島167-75

【点灯日時】
2020年6月5日(金)19時~21時

【問い合わせ先】
一般社団法人 滑川青年会議所
富山県滑川市下島167-75
TEL:076-475-2158
FAX:076-475-8828
MAIL:info@namerikawa-jc.or.jp
URL:https://www.namerikawa-jc.or.jp/


一般社団法人 滑川青年会議所
2020年度スローガン
『稽古照今~志を一つに新たな未来へ~』
URL:https://www.namerikawa-jc.or.jp/

公益社団法人 日本青年会議所では“医療従事者応援プロジェクト~4つのエール~”を立ち上げており、“Light It Blue”運動『シンボルエール』はそのうちの1つ。
◆4つのエール詳細はこちら:https://www.jaycee.or.jp/2020/news/iryou_yell

text by キャサリン