• HOME
  • 新型コロナウイルス対策 啓発活動~コロナにまけるな~

新型コロナウイルス対策 啓発活動~コロナにまけるな~

2020/05/27 12:00

2020年5月14日、岐阜県郡上市で小学生を対象にGJ8マンチラシと缶バッジが配布された。
一般社団法人 郡上青年会議所(以下JCI郡上)の新型コロナウイルス対策の緊急企画だ。
JCI郡上の理事長 尾藤望氏(以下尾藤理事長)に話を伺った。

◆これはどのような企画ですか?

ー尾藤理事長:新型コロナウイルス対策である「手洗い・うがい・三密防止」を地域の子どもたちに改めて自覚してもらおうという啓発活動です。啓発活動には地域の有名キャラクター「GJ8マン」にも協力してもらい、チラシ、バッジに分かりやすいイラストを入れました。配るだけではなく、コロナ対策を一緒に頑張るための標語や医療従事者などのコロナ対策に奮闘する方々を応援する標語を考えてもらおうと、標語大会も一緒に開催することにしました。


◆各地青年会議所の取り組みでメッセージや塗り絵はありますが、標語ですか?

ー尾藤理事長:はい。JCI郡上がある岐阜県郡上市では、以前より地域の挨拶運動のための「標語大会」が企画されており、小学生にも馴染みがあるものなのです。自由な内容を投稿することも出来るので、小学生の自由な発想が出てくることを期待しています。

◆この企画はどうやって生まれたのですか?

ー尾藤理事長:新型コロナウイルスにより、JCI郡上の事業中止が判断され、本年度の年間計画がほとんど実行できなくなった一方、他の青年会議所や地域の有志の方々が消毒液の寄附をするなどの行動を目にするようになりました。その状況を見た直前理事長が「何か行動を起こしたい!」「青年会議所として何か出来ないか!」と検討した結果、学校にも行けず、自宅で自粛している子どもたちのために行動することに決めました。
子どもたちが“地域の人たちから忘れられていない”ということを知ってもらい、一緒にコロナに立ち向かう気持ちになってくれればという思いから始まりました。

◆チラシやバッジなど、作成に時間が掛かったと思いますが、どのように進めたのでしょうか?

ー尾藤理事長:すべてが緊急企画だったため、時間がなく約1ヵ月で実施というスケジュールになりました。
4月16日 直前理事長より事業計画の相談
4月17日 臨時執行部会を開催。事業内容を検討、段取りを確認。22日の理事会に向けて準備。
4月22日 理事会議で緊急上程。缶バッジのデザイン決定。予算や計画、組織の修正。
4月23日 缶バッジ製作依頼。その他の資料作成を開始。
4月30日 臨時総会で事業計画の追加、臨時理事会で最終的な事業計画の確認。
5月14日 完成した缶バッジ・チラシを受け取り、地域の小学校に配布。併せて標語の募集開始。

◆1ヶ月の間でこれだけ動くと大変なこともあったのではないですか?

ー尾藤理事長:メンバー間の意見調整が難しかったですが、“地域の子どもたちのために!”という共通の認識があったので何とか乗り切ることが出来ました。また、コロナの影響で自粛要請され、急ぎすぎた結果、安易な事業を実施してはかえって周囲に批判されるのではないかという懸念もあり、どのような物を配布し、その行動を理解してもらうにはどのような事業とするべきか、非常に悩むところがありました。そのため、何を行うかはメンバー同士で意見を聞くだけではなく、多くの関係者の方々、家族などの意見も踏まえて多角的な検証を重ね、可能な限り多くの方に納得してもらう事業に仕上げることに注力しました。

◆この事業、今後はどのように活かされますか?

ー尾藤理事長:子どもたちから集めた標語については、今後の地域での感染予防への呼びかけ等に活用したいと考えています。また、今回の事業では、アンケートも実施しており、家庭内で困ったことや必要なものを記載してもらいます。ここから見える情報をふまえ、自粛の状況下でも出来ることがあれば、今後の事業実施に繋げていこうと思っています。

◆各地青年会議所は今、何を求められているのか、尾藤理事長教えてください!

ー尾藤理事長:こんな時だからこそ「明るい豊かな社会の実現」のための行動をするのが青年会議所ではないでしょうか。外出して人と直接会うことだけが行動ではなく、WEB会議システム等をはじめ、ツールを使えば大概のことは出来るはずです。大事なのは、多角的に見て出来ることを探すことを止めないことだと思います。この激変の時代を我々だからこそ出来る発想で一緒に乗り越えていきましょう!

GJ8マン、標語と地域の名物を有効活用し、子どもたちにもコロナ対策を意識させる手法はさすがだ。
なお、標語大会の締め切りは2020年5月31日。6月1日から約2週間選定期間を経て、6月15日には優秀作品が発表される。地域の子どもたちのために今後もJCI郡上の発想力に期待する。

事業の詳細はこちら↓↓
http://gujo-jc.com/hyougolink.html



一般社団法人 郡上青年会議所
2020年度スローガン
『一輝笑千~それぞれが輝く持続可能な地域の創造~』
URL:http://www.gujo-jc.com/

text by キャサリン