• HOME
  • JCI日本 各国会頭とWEB対談~バングラデシュ編~

JCI日本 各国会頭とWEB対談~バングラデシュ編~

2020/05/29 12:00

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起こっている中、国際青年会議所(以下JCI)としてどのような取り組みをしていくべきなのか。
公益社団法人 日本青年会議所 国際グループでは、民間外交と国際協力による国際社会との連携を目的に活動をしている。
この状況下で各国に渡航が出来ないため、情報交換をして相互理解、友好関係の構築を図ることに。
JCI日本の会頭 石田全史氏と各国JCIの会頭らが緊急WEBミーティングを開催。各国の取り組みをレポートする。

バングラデシュでは新型コロナウイルスの急速な感染拡大が続いている。
バングラデシュ政府は3月26日から政府機関や学校を閉鎖、公共交通機関も停止し、実質的な「全国封鎖」を実施している。一方、生活苦に陥った縫製工場労働者のデモ抗議が散見されるなど、経済的な影響の大きさも見られる。そのため、バングラデシュ政府は5月10日から経済活動の限定的な再開を許可した。
現在バングラデシュでは新型コロナウイルス感染者数20,995名、死亡者数314名、回復者数4,117名となっている。(2020年5月17日時点)

JCIバングラデシュ会頭 Sarah Kamal君に伺った。



ー石田会頭:バングラデシュでのCOVID-19の状況はどうですか?

ーサラ会頭:現在バングラデシュの状況は最初にパンデミックが始まったときに比べて大幅に増加しています。24時間以内の感染数は1,000人を超え、死者は100人を超えています。つまり、分単位、秒単位で増加しているということです。政府は危機に対処するための政策を講じていると言っていますが、感染が始まっているのは下層階級の人々からです。彼らは生活のために外に出なければならず、この状況を変えていかなくてはいけません。

ー石田会頭:バングラデシュが行っている取り組みについて教えてください。

ーサラ会頭:バングラデシュでは219例の新しいコロナウイルス感染症を特定しました。
JCIバングラデシュと地方組織が行った主な活動の1つとして、コロナ対策のプロジェクトを地元組織のために開始しました。バングラデシュには多くのセグメントがあります。例えば、自動車輸送のウィッチャープーラーなどです。私たちがやったことは、最初に敷きを調達し、米、歯科、手指消毒剤、ハンドソープなどいくつかの日用品を購入することでした。2週間、家族と一緒に過ごすことが出来るように1,000人以上をカバーしました。
そして2つ目の活動としては、医療専門家への血液と尿の寄付です。
3つ目は、人々の安全を考えて、様々な場所で消毒スプレーを使用できるようにしたこと。
4つ目は、助けを必要とするメンバーがいるかどうか、JCIバングラデシュ内で聞き込みをしました。このような状況下で不安になるメンバーもいるので、精神的にサポートするために、オンラインセミナーとホットラインを作ることにしました。
今月と翌月はバングラデシュではラマダンを行います。私たちは今、多くの寄付を集めています。次の段階では食品などを配布することを考えています。

ー石田会頭:景気回復のために出来ることについて教えてください。

ーサラ会頭:ビジネスはまだ正常に動いていません。バングラデシュは農業に依存している国ですので、人手が足りない、消費が落ち込むなど、非常に大きな被害を受けています。これによって農家の方の収入が落ち込みます。これからは別の場所にいる人々がどのように働いていくかが重要です。政府は、銀行に対して、融資するように命じました。通勤は制限されていますが、食料品店や銀行が時間内であれば営業をすることは出来ています。コロナウイルスの影響はバングラデシュだけではなく、世界全体に及ぶでしょう。数年前に起こった大不況よりも悪化すると考えられます。それをどのように処理するか、政府は考えているでしょう。
経済状況を回復させるには、まず健康である必要があります。コロナウイルスのせいで、経済的な苦しみだけでなく、精神的にも苦しんでいる方は多いはず。自殺者の増加や、犯罪数の増加も出てくるでしょう。

最後に・・・
「新型コロナウイルスでの自殺者や犯罪の増加を防ぐためにもメンタルヘルスケアへの注力をしてきたいです。」とサラ会頭。
世界各国に存在するJCIのネットワークで一緒に乗り越えましょう!Work Together!!


【バングラデシュ】
正式国名:バングラデシュ人民共和国
面積:147,000㎢(日本の約4割)
人口:1億6,365万人(2018年1月)
首都:ダッカ
主要言語:ベンガル語
宗教:イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教など

取材協力:公益社団法人 日本青年会議所 国際グループ アジアアライアンス構築委員会

text by キャサリン