• HOME
  • JCI日本 各国会頭とWEB対談~香港編~

JCI日本 各国会頭とWEB対談~香港編~

2020/05/18 21:00

新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で起こっている中、国際青年会議所(以下JCI)としてどのような取り組みをしていくべきなのか。
公益社団法人 日本青年会議所 国際グループでは、民間外交と国際協力による国際社会との連携を目的に活動をしている。
この状況下で各国に渡航が出来ないため、情報交換をして相互理解、友好関係の構築を図ることに。
JCI日本の会頭 石田全史氏と各国JCIの会頭らが緊急WEBミーティングを開催。各国の取り組みをレポートする。

香港では2019年12月31日、香港政府により中国武漢で発生している原因不明のウイルス性肺炎についての専門家会議を開催し、2020年1月2日には空港鉄道での衛生措置や武漢市の市場訪問者の隔離を開始。さらに1月25日には新型コロナウイルスの警戒レベルを「厳重」から「緊急」に格上げし、空路、鉄道の武漢往復便の停止、春節期間内の行事の中止、全小中学校などの休校、マスク供給の円滑化の要請を行った。現在香港での新型コロナウイルス感染者数は1,040名、死亡者数4名、回復者数879名だ。(2020年5月4日時点)感染抑制はSARSの教訓、各種システムの積極的な活用と政府の迅速かつ強力なイニシアティブによるものであると言われている。

JCI香港会頭 Wing Cheung Cheng(Maric Cheng)氏に伺った。


◆香港でのCOVID-19の状況について
マリック会頭:
香港はアメリカやヨーロッパほど酷くありません。昨日(4/13時点)は110人の感染者が確認され、すでに4人が亡くなっており、人々は感染を恐れています。これまで1,000人以上の感染者が確認され、その大半は海外からの人です。ここ数週間は感染者数は減っていますが、4月23日までは経済縮小などが続く見込みです。レストランや映画館、マッサージ店などは閉鎖されています。景気が落ちており、観光客が多く集まるお店や市場が特に気になります。失業率はまだ悪くありませんが、今後増えていくでしょう。

◆香港が行っている取り組みについて
マリック会頭:
JCI香港では4つの取り組みをしていますので紹介します。

1.多言語でのウイルス感染拡大防止に向けた取り組み
英語、日本語、中国語などのさまざまな言語で新型コロナウイルスの情報を発信。JCI香港メンバーだけでなく、世界中のJCIにも伝えている。


2.JCIのネットワークを使用して、ウイルスと共に戦うためのサポートプログラムを提供
・仕事の雇用維持、職業創造、さらなる促進
・分野別の特別な救済
・政府の賃貸事業、政府の手数料免除、ローンの提供、ローン支払いの延期による金銭的な負荷を減らす
・政府制度によるさらなる救済策


3.WIn-Win Jet So Program
ビジネスを促進するためのビジネスプラットフォームの提供
・様々なソーシャルメディアや促進チャンネルでサービスや製品を紹介
・様々なSMEs、ソーシャルネットワークと繋がり、公共の場で組織同士の協力やビジネスの機会を増やしていく
※香港の様々な協会にリンクをして、このサーキットブレーカーが今後数ヵ月以内に発動し、より多くのビジネスネットワーキング、リアルなビジネスネットワーキングを提供して、ビジネスへと変革させるために、他との連携を強化することが出来る。


4.SDGsプロジェクトについてメンバーが話し合うためのプラットフォームを提供
・70の学校を擁し、これらのグループと各国の組織の各グループがこの学校と異なるメンバーで構成されているため、友情を深めるだけでなく、プロジェクトをLOMやチャプター間で促進することが出来る。これまでに他の13の国内組織からの支援を得て、このスキームには約110人のメンバーがSDGsのパイオニアとして名乗りを上げている。


◆景気回復のために出来ること
マリック会頭:
香港では95%以上がSMD(中小企業)です。経済予算の1つは観光です。観光客がいないことは、経済にとって最大の問題の1つであることを意味します。2つ目は技術産業です。香港の主な議題の1つは家賃の高さです。香港政府として、この経済問題に対して、どのように率先して産業を救済出来るかが重要だと考えます。経済問題を解決しなければ私たちが次に進むのは難しいです。私たちは香港の環境を変えていきます。
1つ目のスキームは、メンバーを支援するための地区フォーラムなどを全てキャンセルし、ビジネスメンバーに対して、公私にわたりサポートをすることです。2つ目のスキームは、このプラットフォームを活用して、他の団体やビジネス組織に売り込んで、さらに企業数を増やすことです。これはJCIのコアメンバーが率先して最初に取り組んでいることです。次に、香港の産業イメージ向上としては、香港の創立70周年があります。11月13日に開催予定で、世界中より少なくとも10の地域組織と100人以上のメンバーが集まります。その際、香港のさまざまな場所で一般の人たちに注目を集めるための広告や看板を出します。また、政府と中国本土のさまざまな協会が香港に来て、観光客に向けて宣伝をします。一般の人々に対して、JCI香港がどのように回復するかについていくつかの発信をします。それが私たちが注目を集めるためにアジアの地域組織や政府の組織と一緒になって出来ることです。

最後に・・・
「JCI香港には1~2月にリリースされたSDGsピースマネージメントがあります。JCI日本と一緒に参加したいですがいかがですか。」とマリック会頭。
世界各国に存在するJCIのネットワークで一緒に乗り越えましょう!Work Together!!





【香港】
正式名称:中華人民共和国香港特別行政区
面積:1,106㎢(東京都の約半分)
人口:約734万人(2016年時点)
主要言語:広東語、英語、中国語(マンダリン)など
宗教:仏教、道教、プロテスタント、カトリック、イスラム教、ヒンドゥー教、シーク教、ユダヤ教など

取材協力:公益社団法人 日本青年会議所 国際グループ アジアアライアンス構築委員会

text by キャサリン