• HOME
  • 夢の大切さを伝えたい~歌う道徳講師~

夢の大切さを伝えたい~歌う道徳講師~

2020/04/16 08:00

日本全国の小学校、中学校、高校で1000回以上ライブを行っている大野靖之氏。21歳の頃から17年間、シンガーソングライターとして活動を続けている。

【歌う道徳講師と呼ばれるまで】
大野氏は高校生の頃、母親を乳がんで亡くしている。幼少期の頃から歌手になる夢をいつも応援してくれていた母の死から、命の尊さや家族の絆、夢の大切さを歌にして多くの人たちに届けている。学校ライブをやろうと思って、曲を作ったわけではないが、自分の中から自然と出てくるものを学校の先生が受け取り、道徳の授業にライブをしてくないかと呼ばれるようになったという。それが口コミで広がり、他の学校からも声が掛かるようになった。ある時、全国紙で自身が“歌う道徳講師”と掲載された。
「始めは“歌う道徳講師”という名前を素直に受け入れられない時期がありました。堅く、マイナスなイメージにならないかと。しかし、この名前によって、約500回ほどのライブを開催出来ていました。学校ライブではリピーターも多く、一度呼んでいただいた先生が別の学校に異動になった際、また呼んでいただけたりするんです。今ではこの名前に感謝しています。」と大野氏。

【自分の活動に誇りを】
“歌う道徳講師”として活動している大野氏。2008年に公益社団法人 日本青年会議所主催 人間力大賞(現:TOYP)でグランプリを受賞してから学校ライブは益々多くなった。当時500回ほどの学校ライブが今では1000回を超えている。
受賞してから心境に変化はあったのか?
「500回学校ライブをやっていたにも関わらず腑に落ちてなかった自分がいました。子どもたちの泣いている姿や感動しているところは何度も見ていたが、その時限りという感じがして、果たして自分は役立っているのか実感が湧きませんでした。」
エントリ―した当時も周りの方からの推薦だったため、“自分なんて・・・”という気持ちが拭えなかった。推薦してくれた方のために、という気持ちで授賞式に臨んだ。そんな中、グランプリを受賞した大野氏。賞をもらえるなんて思っていなかったはずなのに不思議で嬉しい気持ちでいっぱいであった。
「自分が今までやってきたことが間違いではなかったと褒めてもらえたような気がしました。自分の夢や理想とは違う世界で、迷いや葛藤がある中、続けてきた活動が認められたのだと。頑張ってきて良かったと心から思いました。それと同時に、身が引き締まる思いでした。グランプリの名に恥じない様、活動をしっかりしていこうと決めました。」と当時を思い出して話してくれた。
目の前にいる子どもたちに音楽とメッセージを届け続けることに誇りを持つことが出来た。

【生徒との再会】
大野氏が北海道のある農業高校にライブを依頼されたときのこと。その農業高校は競走馬を育てている珍しい高校であった。ライブが終わったとき、1人の女子生徒が泣きながら控室に訪れた。
「大野さんのライブを見るのは2回目なんです。」
よくよく話を聞いてみると、彼女は千葉県松戸市の中学校に通っていたという。彼女が中学3年生のときで、進路に迷っていた。馬が好きで馬に関わる仕事がしたいと、北海道の高校を見つけて親に相談するも反対されていた。諦めかけていたとき、大野氏がライブに訪れ、夢の大切さを歌で伝えてくれた。
「今の私があるのは大野さんの歌を聞いたからです。」
それを聞いた大野氏は驚き、感動したと同時に、自分の活動が他の人の人生を動かしていく責任があるのだと感じた。学校ライブをスタートした頃から時が経ち、過去にライブをした頃の生徒の反応や成長する姿が確実に目に見える形で見ることが出来ている。SNSでメッセージをくれる生徒もいるそう。
「昔はファンになってもらいたい、CDを買ってもらいたい、ライブに来てほしい、と自分の夢のために活動していた時期もありました。しかし、最近は学校ライブをする度、子どもたちに幸せな人生を歩んでほしいと思うようになりました。1人でも多くの子どもたちに出会い、歌を届けていきたいです。」
今後も学校ライブを続けていくという大野氏。そして、ずっと目標である紅白歌合戦に向けても努力をして叶えたいと意気込みを語った。

JCI JAPAN TOYP概要はこちら↓
https://www.jaycee.or.jp/toyp2020/


大野 靖之/Yasuyuki Ohno
1982年千葉県生まれ
シンガーソングライター
2008年 人間力大賞(現:TOYP)グランプリ 内閣総理大臣奨励賞  人間力開発協会奨励賞 受賞
「歌う道徳講師」と呼ばれ、全国の小・中学・高校での学校ライブへと発展。これまでに回った学校は現在1000を超える。道徳、家庭科の教科書に歌詞が使用されるなど、他に類を見ない、唯一無二な道を進み続ける。

text by キャサリン