• HOME
  • 人気ゲーム「マイクラ」を現実世界でつくる!全長10mのキャラが飛ぶ、JCI鯖江の青少年事業とは。

人気ゲーム「マイクラ」を現実世界でつくる!全長10mのキャラが飛ぶ、JCI鯖江の青少年事業とは。

2020/03/24 12:05

まちづくりで目覚ましい活躍をみせるLOMもあれば、人材育成に工夫をこらすLOMもある。軌跡を紡ぎ、奇跡を起こそうとする全国のLOMの「今」をお伝えします。

世界中で大人気のものづくりゲーム「マインクラフト(通称マイクラ)」をご存じだろうか。

同ゲームは「サンドボックス(砂場)」と呼ばれるジャンルに属しており、定められた攻略手順がなく、広大な世界を探索したり、そこで物をつくったりして自由に遊べるよう設計されている。特に同ゲームの場合は、世界のすべてが「ブロック」でできているのが特徴だ。

昨年、JCI鯖江が行ったのが、同ゲームの手法を取り入れた事業「リアル・マイクラ」。子供たちはチームに分かれ、活発に意見を交わしながら、段ボールやビールケースで村をつくり上げた。

森家理事長は言う。「JCI鯖江の青少年育成事業のポイントは、子供たちをどこかに連れていくだけでなく、目的に合った設えを自ら考え取り入れること。今回もボスキャラのエンダードラゴン(写真右上)をメンバーが1カ月かけて制作して事業の質を高め、子供たちの驚きと喜びがあふれる事業となった。メンバー全体が目的を共有することで、事業の意義を感じ、成長も実感できていると思います」。


公益社団法人 鯖江青年会議所
2020年度は森家亮理事長の元、団結 ~一人は皆の為に、皆は一人の為に、全ては明るい豊かなまちの為に~のスローガンを掲げ邁進中。
https://sabae-jc.jp/

公益社団法人 鯖江青年会議所