• HOME
  • Farm to table!「Miss Eden」が届けるハッピーな生き方

Farm to table!「Miss Eden」が届けるハッピーな生き方

2020/01/14 12:00

2020年 新年を迎えた寒空の下、キラキラとした笑い声と共に 温かいハッピーオーラをまとった1台のフードトラックが舞い降りた。

東京ミッドタウンで行われた、人にも地球にも優しいライフスタイルを提案するSDGsアクション「ISETSN SALON SDGs」。サスティナブルで時代の先端をいく注目のブランドが大集結する中、ひときわ人を集めたのが「Miss Eden」のプロデュースする「内臓を癒すお正月デトックススープトラック」だ。

Farm to Table (新鮮でオーガニックな食材を、農場から食卓へ)をテーマに食の旅をし、自家製の発酵食品、竹・サトウキビを使った土に戻る容器などを使用し 食材を提供するサスティナブルフードトラック「Miss Eden」。お腹にも環境にも優しい食を、農家さんの想いと共に提供している(発酵人)田上彩さん・(モデル)森星さん、ご両人に話を伺った。

「Miss Eden」では、廃棄されるはずだった果物や野菜を使ったオーガニックフードや、発酵ドリンクを提供しており、神奈川県湘南をベースに食材を調達している田上彩さん。種からこだわる農家さんの食材や、自然のリズムを大切にした自家製の発酵食品といった お腹にも環境にも優しい食材を通じて地域の魅力を多くの人に知ってもらえたら、と考えている。



森星さんは、ファッションを軸に自己表現してきた傍ら、日々話題にのぼる「フードロス問題」について強い関心を持っていた。洋服は1つ1つの工程を丁寧に経てユーザーに提供されていく。食材も同じことであり、物づくりとして「食」に関わりたいとの思いから「Miss Eden」に加わった。

「Miss Eden」:名前の由来は、母親の様に温かく人を包み込むこと、そこには価値観を白黒で分けることはない。女性も男性に助けられ、男性だって女性に助けられている。同じく愛を持ち 価値を生み出し共有していく事が重要。ある意味「中道」な立ち位置でいつづけることが願いに込められている。

自分が楽しんでいないと周りを幸せにすることなんてできない。今後も愛のある提案をし続けたい!と森星さんは語る。
本質的な幸せを追求し 強い信念と情熱を持って話す姿は、輝く女性そのもの。田上彩さん・森星さんの想いが自然と多くの若者の心をつかみ、共感をよび 仲間を増やしている。当日も1人また1人と周囲にハッピーオーラの輪が広がっていた。




Miss Eden 
発酵人/田上彩さん、モデル/森星さん を中心に作りだす新しいハッピーな生き方。
この美しい惑星 地球と共存していくため、愛に満ち溢れた次世代の人間の知性で21世紀のエデンの園を作る。精神と心を強くもち、地球そして何よりも己の身も心も喜ぶ生き方を。という思いで創られたプロジェクト。

text by Nemo&YasuTokyo