• HOME
  • 誰一人食べ残さない茶会Vol.5

誰一人食べ残さない茶会Vol.5

2019/11/25 23:00

不名誉なことだが日本は残飯廃棄量が世界一である。
なんと年間2,000万tの食べ残しを捨てており、これは実に1秒間に8,600個のおにぎりを捨てているということに等しいという。
人口が2倍のアメリカよりも多い量となっており、SDGsの観点からみても「ゴール2飢餓をゼロに」やゴール14、15にも関わってくる、日本が真剣に取り組むべき課題である。
そもそも人が食べ残さない価値の提供も必要なのではないか。
我々は誰も食べ残すことのない多くの人間に共感されるスイーツを特集することで、
食料廃棄の出ないヒット商品とは何かを多くの人に共有していきたいと考えた。
そして「誰一人取り残さない社会」の実現のために「誰一人食べ残さない茶会」を開会することを決めたのである。

「Mのおすすめ」

岡山出身のMに岡山を案内してもらうことになった。
日本三名園のひとつ「岡山後楽園」を通って岡山城へ向かう。
備前焼体験が出来るということで、予約時間まで「お茶屋ゆき」で待つことにした。
人気は“お城パフェ”。3月末のフルーツは苺と桃の2種類だ。
岡山といえば桃太郎が有名なので、桃を注文♪
以前、名探偵コナンの映画にも出てきたというお店。家に帰ったら見てみるか~と考えている間にパフェ到着!
苺がキラキラしてる~!!烏城のパフェとは思えない可愛い見た目♪
岡山県産の苺は大きくて甘い。苺の下にはアイスクリーム&パイナップル&桃ゼリーが入っている。
桃ゼリーは甘くないので混ぜて食べるのがおすすめ。
期間限定でフルーツが入れ替わるみたいなので、次は葡萄を狙って来よう♪

備前焼を楽しんだ後、岡山駅前へ移動。
地下街を歩いているとMが好きだという岡山市のお菓子メーカー「白十字ファクトリー」を発見。
おすすめは“高原ブッセ チーズ味”と“”OPERA”だと聞いたので、さっそく購入。
“高原ブッセ”は蒜山ジャージー牛乳を使ったフワフワな生地でクリームを挟んである。
ほんのり甘いブッセとチーズクリームが相性ぴったり。
チーズクリームの中には細かいチーズが入っていて、食感も楽しい♪
続いて“OPERA”をひと口かじる・・・ココアクッキーがほろっと崩れる。
ココアクッキーの間にはバタークリーム。口溶けがなめらかで、ほろほろココアクッキーと合う~!!
ラム酒に漬けた、たっぷりのレーズンがアクセント。
甘いけどまた食べたくなる・・・箱入りもあるので、お土産に喜ばれること間違いなし★
岡山といえば“きびだんご”っていう方、たまには浮気してみては?