• HOME
  • ビジネスリーダーの流儀 vol.9「コート」

ビジネスリーダーの流儀 vol.9「コート」

2019/11/25 15:00

ヒト、コト、モノの間には、人生を豊かにする様々な物語がある。 粋人とデータからビジネスリーダーが身につけるべきたしなみを学ぶ――。

コート選びと着こなしのポイントについてユナイテッドアローズのスタッフが解説する

セレクトショップのユナイテッドアローズは、今年の10月に設立から30周年の節目を迎えた。基幹店となる六本木ヒルズ店には、大人の男女が着るにふさわしいウェアが揃う。同店スタッフの白杉太一氏にメンズ、明永尚氏にウィメンズのおすすめアウターを聞いた。

男性はモダンな印象を愉しんで

「ゼニアのカシミヤ100%の生地を使ったチェスターコートは、“六本木スペシャル”と名付けられたオリジナルモデルで他店での取り扱いがない限定品です。着丈を短めにして身幅に適度なゆとりをもたせたシルエットがモダンで、裏地のない軽いつくりになっています。上品さとラグジュアリー感があり、堅さがないのがポイント。ウール地のバルカラーコートは、茶と黒の配色で今季のトレンドである千鳥格子柄を新鮮に見せています」(白杉氏)

チェスターコート(六本木限定品) 18万円、スーツ 13万円/ともにユナイテッドアローズ、シャツ 5万5,000円/シャルベ、タイ 1万4,000円/フラテッリ ルイージ

バルカラーコート 13万円、ストール 2万4,500円/ともにソブリン、セーター 6万6,500円/フィオロー

女性は大人っぽさと抜け感を大事に

「水色のベルテッドコートも、“六本木スペシャル”として当店限定の展開になります。素材は薄手のウールで、着心地には軽さと柔らかさがあります。ナチュラルカラーのノーカラーコートは、アルパカ60%×ウール40%。毛脚が長くてシャギーな素材感がノーカラーのデザインとともに女性らしさをアピールします。どちらのコートも肩が落ちるドルマンスリーブではなく、華奢な人もきれいなシルエットに見せてくれるセットインスリーブで仕立てています」(明永氏)  

ウィメンズのコートは、淡いカラーが今季のトレンドだ。そのトーンに合わせた色調のインナーを差して、大人っぽさと上品な抜け感を同時に漂わせるのがユナイテッドアローズの提案。メンズは、モダンな要素が入ったコートをチョイスしたい。

そのうえで、織りに表情のあるスーツやスモーキーなゴールドカラーのタイと組み合わせるなど、遊び心を多分に含んだスタイリングで魅せていこう。カジュアルに着こなす際には柄モノのストールをプラスして華やかに演出してみてはいかがだろうか。男女ともに上品さと落ち着きをベースにしながら、余裕を感じさせる装いに仕上げてみたい。

ベルテッドコート(六本木限定品) 13万円、ブラウス 1万5000円/ともにユナイテッドアローズ

ノーカラーコート 5万円、タートルネックセーター 1万5,000円、ネックレス 5,500円/すべてユナイテッドアローズ




ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店
住所|東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ ウェストウォーク 2F・3F
Tel|03-5786-0555(2F ウィメンズ) / 03-5772-5501(3F メンズ)
営業時間|11:00〜21:00
https://www.united-arrows.co.jp

Text by Kiyoto Kuniryo|Photographs by Kayo Igarashi