• HOME
  • 誰一人食べ残さない茶会Vol.4

誰一人食べ残さない茶会Vol.4

2019/11/24 15:30

不名誉なことだが日本は残飯廃棄量が世界一である。
なんと年間2,000万tの食べ残しを捨てており、これは実に1秒間に8,600個のおにぎりを捨てているということに等しいという。
人口が2倍のアメリカよりも多い量となっており、SDGsの観点からみても「ゴール2飢餓をゼロに」やゴール14、15にも関わってくる、日本が真剣に取り組むべき課題である。
そもそも人が食べ残さない価値の提供も必要なのではないか。
我々は誰も食べ残すことのない多くの人間に共感されるスイーツを特集することで、
食料廃棄の出ないヒット商品とは何かを多くの人に共有していきたいと考えた。
そして「誰一人取り残さない社会」の実現のために「誰一人食べ残さない茶会」を開会することを決めたのである。

「レトロな世界にタイムスリップ」

長崎県長崎市。グラバー園や中華街があり、異国情緒溢れる賑やかな場所。
K氏と一緒に長崎浜町商店街へ。アーケードになっているので、雨の日も気にせず買い物が出来そうだ。
長崎といえばカステラが有名だが、私たちは新たなスイーツを探していた。

「梅月堂 BAIGETSUDO」の入口に“人気No.1”の文字が・・・
シースクリーム?長崎にしかないショートケーキ??気になったので店内2階にある喫茶店に入る。
商店街の賑やかさとは別世界。可愛い内装に癒される。さっそく「シースクリーム」を注文♪
初めて見るショートケーキ「シースクリーム」は苺の代わりに黄桃とパイナップルだ。
パイナップルの酸っぱさとシロップ漬けの黄桃がベストマッチ。
スポンジの間はホイップクリームの代わりにカスタードクリーム。
甘すぎないし、なによりスポンジのしっとり感がたまらない・・・
甘いものが苦手なK氏も大絶賛のスポンジ。ぺロッと食べてしまった。
他にも美味しそうなケーキがたくさん!お土産にちょうど良い♪

続いて、商店街から少し歩くと「ツル茶ん」の看板。昔ながらの喫茶店だ。扉を開くと・・・
タイムスリップしたみたい~!朝ドラで出てきそうな雰囲気・・・なんと大正14年創業!
2階に案内され、名物の「トルコライス」と「元祖長崎風ミルクセーキ」を注文。
ボリュームたっぷりのトルコライスを食べ終えた後、ミルクセーキが出てきた。
あれ?飲み物っぽくない・・・シャーベットだ。シロップ漬けのさくらんぼが懐かしい・・・
スプーンで口の中へ・・・ミルク感ゼロ。後味さっぱり!かき氷みたいでサクサクいけちゃう。
デザートだったら2人で分けても十分な量だ。少しだけ食べたい時にはハーフサイズがおすすめ♪
ミルクセーキを食べ終え、階段を降りて店を出る。あ~現実に戻ってきてしまった。
長崎で見つけたレトロな世界。また戻りたい★