• HOME
  • 誰一人食べ残さない茶会Vol.2

誰一人食べ残さない茶会Vol.2

2019/11/12 16:00

不名誉なことだが日本は残飯廃棄量が世界一である。
なんと年間2,000万tの食べ残しを捨てており、これは実に1秒間に8,600個のおにぎりを捨てているということに等しいという。
人口が2倍のアメリカよりも多い量となっており、SDGsの観点からみても「ゴール2飢餓をゼロに」やゴール14、15にも関わってくる、日本が真剣に取り組むべき課題である。
そもそも人が食べ残さない価値の提供も必要なのではないか。
我々は誰も食べ残すことのない多くの人間に共感されるスイーツを特集することで、
食料廃棄の出ないヒット商品とは何かを多くの人に共有していきたいと考えた。
そして「誰一人取り残さない社会」の実現のために「誰一人食べ残さない茶会」を開会することを決めたのである。

「エミリー・フローゲ~何個でもいけちゃうケーキ~」

立川のスイーツといえば、エミリー・フローゲ。
立川駅から歩いて2分のところにお菓子の家が・・・!
店内に入ると可愛らしい焼き菓子たちが迎えてくれる。
奥にはレストランもあり、美味しい食事やケーキを食べることが出来る。
注文したのは「トリプルケーキセット」。ケーキ3個とドリンクで1,300円(税抜)。
3つも選べるなんて幸せ~!!
まず写真右、人気No.1のモンブラン。フォクを入れると「サクッ・・・」。
生クリームの下にカリカリに焼いたアーモンド入りのメレンゲが隠れていた。
こんなモンブランを食べたのは初めて。メレンゲとクリームの相性は抜群。
たっぷりの生クリームの中に栗がまるごと1個入っている豪華さ!
続いて写真左、人気No.2のフレジェ。生クリームは甘すぎず、苺の酸っぱさとよくマッチしている。
そしてなんといっても軽い。しつこさがなく、いつまでも食べていたい美味しさ。
最後に写真中央、期間限定のさくら。見た目が可愛すぎる~!
さくらクリームの上にはベリーがたくさん。さくら味と思いきや、スポンジの中から苺ジュレが!
さくら、ベリー、苺、女性にはたまらない組み合わせ。
甘いものが苦手な彼でもエミリー・フローゲのケーキなあペロっといけちゃうかも。
立川に来たら、ぜひお菓子の家へ。