• HOME
  • 「理念」を組織に浸透させる方法論

スノーピーク代表取締役社長 山井太

「理念」を組織に浸透させる方法論

2018/01/15 13:00

人口10万人の地方都市から世界一を目指している企業がある。新潟県三条市のスノーピークだ。経営トップは山井太氏。欧米の有名ブランドがひしめくアウトドア業界で、「スノーピーカー」と呼ばれる熱烈なファンを生み、事業を急成長させている。そんなJC(日本青年会議所)のOBに訊く、“理念”を組織に浸透させていく方法とは。

池田祥護(以下、池田):新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカーのスノーピークは、オートキャンプのスタイルを生んだ会社として世界で知られています。事業を成長させた山井さんはJCの先輩ですが、まずは入会したきっかけを教えていただけないでしょうか。

山井太(以下、山井):JCのOBの方から私の父親を通してお誘いを受けたのが契機です。父親はJCメンバーではなかったのですが、なぜか「お前入れ」と言われまして(笑)。

池田:なるほど(笑)。

山井:JCのことは何も知らず、入会前のオリエンテーションで担当の室長に「JCとは何ですか?」と聞いたら、「要は君が市民になることだよ」と言うのです。意味がわからず、「そうですか、市民になるのですね」と答えたのですが(笑)、このことは卒業まで随分と考えました。

池田:入会後で何か思い出に残るエピソードはありますか。

山井:入会3年目で、副委員長をやらずして委員長に任命されたのですが、そこで基本的なことにつまずいてしまいました。メンバーが委員会に出席してこないのです。会社だと普通に社員は定時に出勤してきますが、JCでは状況が違う。出席率は平均2割と低迷しました。いろいろと考えては試し、4か月が経ったあるとき、メンバーが揃う例会の早朝に委員会を開いてみたのです。すると初めて全員が来てくれたのです。うれしくて泣きましたよ。そうしたら、次からは全員が出席するようになりました(笑)。

池田:山井先輩が特に凄いと思うのは、JCで学んだことを同時進行で会社経営に取り入れ、急成長させたことです。自分の考えを論理的に整理できるようになったのはJCのおかげだと言われていますね。

山井:私は11年ほどJCにいましたが、そこでは11通りの組織論を知ることができたと思っています。各年度の理事長のもと、所信や人事、重点活動のパターンを11通り見たということです。当時のスノーピークの社員数50人に対し、三条JCは120人もいました。メンバーは社長や専務など会社経営者が多い。そんな人たちを束ねるには、理念を掲げ、大義名分を果たしつつも、情もきちんとかけないといけない。そうしてこそ、人は動く。そんな組織を動かすコツをJCで学んだのです。

池田:JCでは組織を毎年つくることになります。

山井:その不連続の連続が面白いところです。

池田:やはり、人の気持ちを考えられるようになることが大切ですよね。

山井:その通りだと思います。最終的には人ですよ。先輩たちから多くのことを学びました。私が現役のときは先輩が凄く怖かったのですが、今はそうでもないですか。

池田:いや、今でも中にはまだいます(笑)。山井先輩も怖い方だったと思いますが。

Text by Hideyuki Kitajima|Photographs by Ryo Higuchi