• HOME
  • 持続可能なヘルスケア講座 vol.2 「ビジネス脳に効く食事」

margouillat photo / Shutterstock.com

持続可能なヘルスケア講座 vol.2 「ビジネス脳に効く食事」

2019/03/25 14:00

SDGs推進に取り組んでいけるのは、健康な体があってこそ。まずは、持続不能なトレーニングや健康法を今すぐやめて、持続可能なヘルスケアに挑戦しよう!

脳を活性化させるためには、脳トレやマインドフルネスなども効果的ですが、最も簡単で持続可能な方法が、食事です。誰でも、毎日ごはんを食べますね。その食事のなかに、脳に効く食材を取り入れるだけでよいのです。入手困難な食材や、高い商品を購入する必要はありません。 スーパーやコンビニで簡単に手に入り、手軽に調理できる、あるいは調理不要の食材で、十分。高額なお金もかからない。だから、忙しい人でも持続可能なのです。以下に、すぐに実践できる食事法をご紹介します。

ビジネスパーソンに玄米がオススメな理由 現代はストレス社会ともいわれています。仕事中はついイライラしがちで、気付けば眉間にシワが寄っている、なんていう人も多いのではないでしょうか。しかし、イライラしていては正しい決断もできなくなるうえ、敵も作り、ビジネスが八方塞がりになってしまいます。そこでおすすめが、玄米です。

ギャバでイライラを防ごう

ダイエットや糖質制限の観点から白米よりも玄米を好む人も増えてきますが、イライラ解消という点でも玄米は効果的。私が提唱するのは、玄米を4、5時間水に浸けてから炊く方法。浸水により、玄米の胚芽やぬかに含まれているグルタミン酸が分解されてギャバに変化し、玄米ごはんが「ギャバライス」になるからです。このギャバという成分は、イライラを解消するなど、精神安定作用があるのです。最近、ギャバを含んだチョコなども商品化されているので、ご存知の方も多いでしょう。 今まで白米を食べ続けていて玄米に抵抗のある方は、白米に発芽玄米を混ぜて炊くことから始めてみてください。玄米に近い効果を挙げることができます。
さあ、皆さんも、クレバーに食べて、クレバーにアクションしていきましょう!