search

第70回全国大会とちぎ宇都宮大会

「大会成功祈願」
10月7日 第70回全国大会とちぎ宇都宮大会の成功祈願のご祈祷を宇都宮市二荒山神社にて、感染症対策の下、厳かな雰囲気の中執り行われました。
参加者を代表し、公益社団法人日本青年会議所 野並晃会頭と公益社団法人宇都宮青年会議所 山田修嗣理事長による玉串奉納が行われました。

「栃木県知事表敬訪問」
福田富一知事に野並晃君をはじめとするJCI日本役員団と公益社団法人宇都宮青年会議所理事長山田修嗣君とで表敬訪問しました。
第70回全国大会とちぎ宇都宮大会の開催についてご説明しました。福田知事からは「ようこそ栃木県へ」と歓迎のお言葉を頂きました。さらに「70周年の節目の全国大会の開催にあたり、ぜひ、とちぎ宇都宮の魅力を皆さんの力を借りて発信して貰えることを心待ちにしていた」と全国大会の成功と2021年度のJC運動に対する激励のお言葉をいただきました。

「宇都宮市長表敬訪問」
佐藤栄一市長に野並晃君をはじめとするJCI日本役員団と公益社団法人 宇都宮青年会議所理事長山田修嗣君とで表敬訪問しました。
第70回全国大会とちぎ宇都宮大会の開催にあたり、しっかりとコロナウィルス感染症対策に取り組んだ上で開催されることを報告しました。佐藤市長からは「コロナ禍でも万全な対策を講じた全国大会開催は大変意義があり喜ばしい」とお言葉を頂戴しました。また、まちづくりをテーマに様々なお話を頂き、今後のJC運動に対する激励のお言葉をいただきました。

「ベビーファースト宣言」
第70回とちぎ宇都宮全国大会の開催にあたり、佐藤宇都宮市長を表敬訪問した際、本年度日本青年会議所が推進してきた様々な社会課題の中で、出生数の低下や子育てしやすい環境の改善を目指す「ベビーファースト運動」を日本青年会議所野並晃会頭より活動を共有されました。

その後、佐藤栄一宇都宮市長より「ベビーファースト宣言」がされ、「宇都宮市におきましてもベビーファースト運動に賛同し、子供を産み育てやすい環境の充実」など様々な内容が述べられました。

「オープニング」
10/7 17:00公益社団法人宇都宮青年会議所第55代理事長山田修嗣君より第70回全国大会 とちぎ宇都宮大会の開会が宣言され、オリオン市民広場よりライブ中継にて「真に持続可能な輝ける未来へ」をテーマにとちぎ宇都宮の魅力とプロジェクションマッピングやVRライブアートなど最新テクノロジーを掛け合わせたオープニングセレモニーが配信されました。
公益社団法人日本青年会議所第70代会頭野並晃君の挨拶ではWEBで広く参加できるメリットと現地参加のメンバーに対して青年経済人として模範となる行動をとる旨、栃木県知事福田富一様のご挨拶では栃木の魅力と実力を味わって発信してほしいこと、宇都宮市長佐藤英一様のご挨拶で青年会議所の運動はJCI日本から各LOMに水道水のように行き渡るわけではなく、各LOMが汗をかいて井戸水を掘るようなエネルギーを自ら創り出すことが大事であること、今まで培ってきた街づくり、人づくりを見てほしいことが伝えられました。
B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「宇都宮ブレックス」専属チアリーダーBREXYによるダンスパフォーマンスとVR空間に3Dのアートを描く、VRアーティストとして活動されているせきぐちあいみさんによるライブアートパフォーマンスが披露され盛り上がりは最高潮に。
最後に全国大会実行委員会永吉準大会実行委員長より大会の見どころについてリアリティあふれるプレゼンテーションがあり、大会への期待感がさらに高まりました。

「理事会」
10/8 9:00より第9回理事会議が宇都宮市文化会館を拠点にハイブリッド形式で開催されました。野並会頭からコロナ禍で「失ったもの」もあるが、「得たもの」もある。これから「失ったもの」を取り戻し、さらに「手に入れたもの」を掛け合わせてほしいとの挨拶、JCI宇都宮山田理事長から全国大会へ1万人の登録についての感謝と「ベビーファースト宣言」を全国に青年会議所の活動知ってもらう機会にしたいとの言葉がありました。
審議事項43件が無事に可決されました。

「総会」
10/8 13:00より第186回総会が宇都宮市文化会館を拠点にハイブリッド形式で開催されました。審議事項28件が無事に可決。次年度の役員・組織体制が決定され、JCI日本役員名鑑・全国理事長名鑑(早刷り版)が配布されました。

「シニア総会」
ホテル東日本宇都宮にて第84回会員臨時総会が開催されました。
岡本代表世話人より、緊急事態宣言があけて1週間という中で全国大会をおこない、流石はJCと言われることが宇都宮JCをねぎらうことになる。シニア会員は現役に人材を紹介し人数を増やすことで支援しましょう。と挨拶されました。
福田県知事、佐藤市長ともに第70回という記念すべき全国大会をひらかれる宇都宮のまちを制限もあるなかですが、ご堪能くださいとご挨拶されました。

「メインフォーラム」
全国大会 とちぎ宇都宮大会 メインフォーラムが「TO THE FUTURE」と銘打ち宇都宮文化会館にて開催されました。地域グループ、国家グループ、国際グループ、組織グループの議長4名より壮絶な1年間を振り返った成果報告が行われました。
さらに、上記4グループの報告を受けて、ボストンコンサルティンググループの御立尚資氏を講師としてお招きし、JCI日本地域グループ担当常任理事の﨑野雄生常任との対談を行いました。
2021年度のJCI日本の活動内容を基に、御立氏による過去から現在までのあらゆる事例に照らした成功例をご紹介いただきながら、本年度の活動を未来にいかにつなげていくか、持続可能な輝ける未来をいかに切り開いていくことができるのかをご講演頂きました。

「70周年記念フォーラム」
10/9 11:00より70周年記念フォーラムが宇都宮市文化会館で開催され、WEBで同時配信されました。シンクタンク・ソフィアバンク代表の田坂広志氏に「我々がこの国を変える〜日本青年会議所の覚悟と使命〜」をテーマにご講演いただきました。
これから日本で起こる「3つの変革」(「ウィズコロナ社会」への変革、「第4次産業革命」による変革、「新たな日本型資本主義」への変革)についての説明とこれからの時代に求められるリーダーの条件として「7つの力」(「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」)を垂直統合して身につけたリーダーへと成長していくべきであり、その成長の場として、日本青年会議所が最高の「リーダー養成大学」である「5つの理由」を以下のように説明されました。
① 全国各地から集まった若手経営者と若手リーダーが集まった組織
② 行動・実践を通じて「体験知」を身につけることができる組織
③ 「水平的・横断的マネジメント」の能力が磨ける組織
④ 社会的ネットワークを広げられる組織
⑤ 国際組織でありグローバルな体験ができる組織

青年会議所活動に参加する理由として①志と使命感を持って、世の中に貢献したい②リーダーとして、人間として、成長したい③もっと広い世界を知り様々な学びをしたいのではないか、「苦労と困難」を求めて参加したのではないかと呼びかけ、40歳で卒業するまではリーダーとしての修行であり、40歳からが本当の「使命の道」が始まるんだと伝え、最後に「我々が、この国を変える」意識を持ってほしいと檄を飛ばしていただきました。

「とちぎ宇都宮の魅力発信INカンセキスタジアム」
10月9日 13:00~14:30 18:40~19:30
式典会場であるカンセキスタジアムの外周コンコースにて、栃木県内各LOMに加え、行政や諸団体によるとちぎ宇都宮の魅力をお伝えする情報の発信と、おみやげを中心とした物販ブースを設置しました。また、当日の模様をご当地アイドルと栃木出身のタレントをであるガッツ石松氏をお招きしてLIVE配信し全国の会員へとちぎ宇都宮の魅力を発信していただきました。

「第70回全国大会とちぎ宇都宮大会 70周年記念大会式典」
10月9日(土)15:00より宇都宮市内のカンセキスタジアムとちぎにて第70回全国大会 とちぎ宇都宮大会 70周年記念大会式典がWEB同時配信で執り行われました。
式典に先立ち、物故会員へ追悼の意を表して黙祷をささげた後、開催地LOMである公益社団法人 宇都宮青年会議所 理事長 山田 修嗣君による力強い開会宣言により本式典は始まりました。チアリーディングスクールANGELSのダンス、うつのみやジュニアジャズオーケストラの演奏によるオープニングアクトの後、寬仁親王妃信子殿下からビデオメッセージにて、青年会議所運動に対する労いのお言葉を賜りました。

70周年記念事業「理念共感拡大グランドデザイン」においては、メンバーの理解度が低いことや20代の入会数が毎年減少傾向にあるなどの青年会議所が抱える課題を挙げました。
そして、その課題を解決するために教育システムの再構築や誰もが活躍できる風土の醸成などの改善策が示されました。

また、野並会頭のメインスピーチでは、京都会議、サマーコンファレンス、そして第70回全国大会とちぎ宇都宮大会それぞれのテーマが線で結ばれ、2021年度の運動が実となり「真に持続可能な輝ける未来」が全国のメンバーに伝えられました。

続いて2022年度会頭予定者として一般社団法人 大分青年会議所 中島土君が紹介され、プレジデンシャルリースが伝達された後、2022年度にかける決意表明を致しました。

そして全国大会の鍵が2022年度の開催地LOMである一般社団法人 大分青年会議所へと伝達されました。その後、2022年度第71回全国大会おおいた大会のPR映像が上映され、一般社団法人 大分青年会議所 理事長 木野 栄俊君から全国大会に懸ける想いが伝えられました。

「第70回全国大会とちぎ宇都宮大会 70周年記念大会卒業式の部」
10月9日(土)15:00より宇都宮市内のカンセキスタジアムとちぎにて第70回全国大会 とちぎ宇都宮大会 70周年記念大会卒業式の部がWEB同時配信で執り行われました。
冒頭に全国大会期間中の映像や、卒業生のこれまでの軌跡を振り返る映像が上映され、全国各地の卒業生の写真がスクリーンに登場しました。現役メンバーからの大きな声援や拍手で見送られる中、卒業生を代表して公益社団法人 日本青年会議所 顧問 西田 新君より現役メンバーに向けて力強い熱いメッセージが送られました。
その後、シークレットゲストの一青窈(ひととよう)氏が登場。ビッグアーティストによって会場は歓喜の渦に包まれる中、盛大にシークレットライブが始まりました。ハナミズキをはじめ誰もが知っている有名な曲に会場内全ての卒業生が立ち上がり一体となって大合唱。
最後の曲が終わるまで熱気に包まれ、惜しまれながらの閉会となりました。

「第70回全国大会とちぎ宇都宮大会 解団式」
10月10日11:45よりホテルニューイタヤにて解団式がおこなわれました。
野並会頭挨拶に始まり関係者の挨拶が行われました。
大会専用ダルマの目入れも終わり、最後に永吉実行委員長の全ての関係者に感謝をこめられたスピーチをもって閉会が宣言されました。